サドルを自分で交換して自転車を乗れる状態に戻す

このところ、自転車の乗る際に違和感を覚えることが多かったのですが、原因はサドルにありました。
サドルを下側から覗いてみると金属部分が切れ掛かっており、スプリングがクッションとしての役割を果たしていなかったのです。
それでもなんとか乗ることはできるので少し放置していましたが、ついに金属部分が断裂し、サドルがカパカパと動くようになってしまいました。
加えてスプリング部分がシートを突き破ってきており、座るとブスブスと刺さる状態という有様です。
自転車を買い換えるにはまだ早かったので、サドルを自分で交換することにチャレンジしてみることに……。
幸い、近所にホームセンターが新しくできたばかりだったので、交換用のサドルはすぐに購入できました。
最初はモンキーレンチを使ってナットを開閉していたためにちょっと難儀しましたが、倉庫から六角レンチを見つけ出した後はスムーズに作業できましたね。
交換後の乗り心地も悪くなく、かかった費用も1000円程度におさまったので大満足です。即日融資キャッシング オススメ