妊娠後期の妊婦健診を受けてきました。

その検査時に、エコーで赤ちゃんを見てもらっていた時に
「頭がずいぶん下に下がってしまっているねぇ」と言われました。

お腹のハリも頻繁におこっていたので、早産の恐れがある。と言われました。

「最低でもあと2週間はお腹の中で赤ちゃんが育つようにしましょうね。
 重い物は持たないで、無理はしないように心がけてくださいね。」と言われました。

処方してもらった薬は、80パーセントの確率で薬の副作用が出るそうです。
副作用は、動悸・手足のふるえ・吐き気などだそうです。

私もさっそく家に帰って1錠飲んでみました。

飲んでから30分経過したあたりから、ドキドキといつもと違う動悸がありました。
手足の震えや、吐き気はなかったのですが、この動悸も意外としんどいものでした。

立っていることも辛く、座っているか、横になるのがベストでした。

でも、早産で赤ちゃんをNICUに入れるよりはいいと思ったので、頑張って耐えて飲み続けたいと思います。http://www.ropro.co/

最近、都内では新しいジャパン・タクシーをよく見かけるようになりました。
個人タクシーは別として、大手のタクシー会社では、コンフォートやクラウン・コンフォートの車両がデフォルトであるかのようになってしましたよね。
そういう状況の中、新しいタクシー車両がどこまで広がるのかなと思っていたのですが、みるみる新型車が増えてきました。
これはトヨタの売り込みの力でもあると思うしし、タクシー会社からの需要もあっての成果ではないかと思います。
大きな荷物の旅行客や、足腰の弱い高齢者の乗車には、やはり新型車の広い室内スペースと低床化というのが便利なのでしょう。
「そんなにうまくいくの?」と思いながら見ていたのですが、本当に2020年の東京オリンピックのころには、すっかりタクシーの車両も入れ替わってしまうかもしれませんね。
ジャパン・タクシーは便利で快適な車両かもしれません。
でも、ただ、ちょっと気になるのは、本当に格好いいか?と聞かれると、何となく福祉車両的なイメージが強く、それほど強いインパクトはないということです。
いまはまだ斬新だと感じたりもしますが、数年もすると、いまのコンフォートと同じような印象になっているかもしれません。アリシアクリニック 全身脱毛